Back to Top

ISO14001

 

4月の緑化活動*本館*

プリムラ
ビオラ
チューリップ

2010年12月に購入したプリムラが今年も冬を乗り越えピンクの花を咲かせてくれました。
プリムラは日当たりを好むので、時々窓辺に置いて日光にあてます。
昨年11月に植えたビオラも花数を増やしています。6月迄楽しめそうです。
同じく11月に植えたチューリップのフィレンチェも可愛いつぼみをつけました。

4月の緑化活動*南館*

プリムラ
ビオラ

多年草のゼラニウムがピンクの花を咲かせました。
黄色と紫色のパンジーも鉢いっぱいに咲きほこっています。
真紅と濃いブルーのビオラも玄関のアクセントとして映えてとてもきれいです。
チェリーセージも新しい芽をだしてきました。

5月の緑化活動*本館*

プリムラ
ビオラ
チューリップ

芝桜が満開に花を咲かせています。
ツルニチニチソウも例年通り紫色の花を咲かせました。
秋に球根を植えたチューリップのフィレンチェは黄色と白の花が咲きまっすぐ上に伸びています。

5月の緑化活動*南館*

プリムラ
ビオラ

チェリーセージに赤い花が咲き始めました。
チェリーセージは細かい枝がよく茂るので風通しをよくするために花を一通り楽しんだ夏前に切り戻しをするとよいそうです。
白いゼラニウムも今月に入り花をつけました。色とりどりです。

グリーンカーテン作り始動

今年もグリーンカーテンをやっちゃいます。今年で4年目!

植物を育てることで責任感と(当番制の液肥や水やり)、成長過程をみることによって社員の共通認識が生まれ仕事にもいい影響力を与えてくれます。
これまでの反省点を活かし、新しいことを取り入れたり、変えてみることにしました。
・ネットを2階から1階まで。(上に伸ばすのではなく横に密集させる)
・摘心を1つおきにしてみる(横に広がらせるため)
・ネットをプランターの前に張る。
・ひとつの窓にはすべて同じ種類の植物を植える。(統一感をだす)
・その道のプロにご教授いただく。新潟市にある園芸専門店”グリーンランド・エデン”さん
さて、結果はどうなるか。楽しみです。

5月16日(金) ・・苗の準備と発芽のための準備


園芸専門店のグリーンランド・エデン様より土や肥料、種類豊富な苗を届けていだきました。

今年は新しく、スズメウリ、るこう草・インディアンポテトも育てます。

【インディアンポテト】アピオスは北アメリカ原産で明治時代中期に渡来したそうです。花は蝶の形のものが密集してつき、花の外綿は緑白色で内面は紫褐色になるそうです。
また、イモは親指大になるそうで栄養価が高くインディアンにとって貴重な食糧だったためインディアンポテトの名前になったそうです。
なったら茹でてみんなで食べたいと思います。

【スズメウリ】名前の由来は果実をスズメの卵に見立てたことだそうです。
果実の直径は十数ミリで緑から熟すと白くなるそうです。

【るこう草】"縷紅草"と書き、"縷"ってどんな意味なのだろうと調べたところ、細く途切れずに続くことだそうです。なので蔓が長く伸びていくのが期待できます。
熱帯アメリカ原産で江戸時代の初めに渡来したそうで星形の赤い花を咲かせるそうです。
400年も前から生息していたなんて!昔の人もその星形の赤い花を楽しんだのかしらと空想してしまいます。

それぞれの原産地や名前の由来、どんな花が咲くのか調べると面白いですし、成長がますます楽しみになります。

nae

種から育てる風船かずらとアサガオは発芽しやすいように前日から水に浸しておきました。
どちらも昨年のグリーンカーテンでできた種です。


5月17日(土) ・・グリーンカーテン設置

プロ(エデンさん)のアドバイスをいただきながらグリーンカーテン実行委員が工程表を作成し、作業する前にメンバーへ配布しました。
現物の手書きのものがステキだったので使わせてもらいました。

植え込み行程

今年の並べ方はこんな感じにしてみました。

植え込み行程

ライスエース営業担当の難波が、職人が持つ大工道具腰袋(私物)をぶらさげ手馴れた手つきでフックを取り付けていきました。脚立での立ち振る舞いが様になっています。



苗や、植え込みに必要な道具を準備。
プランター20個に赤玉を2〜3cmほど均等に入れ込みます。


赤玉の上に土をプランターにいれていきます。
エデンさんの”良い土”40リットル、この作業けっこう腰にきます。


土に肥料をふりかけて軽く混ぜます。
窓に対して5つのプランターを設置。計20個のプランターに植物の配置図に沿ってそれぞれ苗を植えこみました。
社内からのアングルで撮影しようと中に戻ろうとしたところ、社長がエントランスの植物に水をあげていたので思わずパチリ。


ネットを広げそれぞれの窓前に配置。
1階の窓わくのフックとプランターを結束で外れにくい男結びで取り付けます。
男結び→右端を左端の下にまわして返した輪に左端を通して結ぶ
これがなかなか難しくみんな必死です。事前に動画で勉強した人に聞きながら頑張りました。




完成!
設置後、水をたっぷりあげました。
この夏もこのグリーンカーテンが社員の癒しのひと時を与えてくれます。
毎日の成長がとても楽しみです。


あわせて正面玄関エントランスの屋根を高圧洗浄機を使って掃除おこないました。



5月28日(水) 少し成長

右からゴーヤ・西洋あさがおが少しずつ成長しています。かわいい (*´▽`*)

5月31日(水)

設置してから半月が経ちました。


インディアンポテト・西洋あさがお(昨年の種から成長)・パッションフルーツ


ゴーヤ・すずめうり・るこう草


風船かずら・センテッドゼラニウム

6月の緑化活動*本館*

紫陽花
バラ

北側玄関ポーチに置いてある紫陽花につぼみがつきました。
7月になると開花するのではないかと今から楽しみです。
四季咲きのバラも例年通り鮮やかな赤い花を咲かせました。

6月の緑化活動*南館*

ニチニチソウ
マーガレット
ユーフォルビア ダイアモンドフロスト

トレニア
春の花が終わったので夏に向けて新しく植え替えました。
淡いピンク・すみれ色・白や赤のニチニチソウが色とりどりに美しく咲きほこっています。
真ん中の写真の花はマーガレット。黄色の花がとてもかわいらしいです。
右端の花はユーフォルビアダイアモンドフロスト。
ダイアモンドフロストは白い花のようですが実は苞(ほう)と呼ばれる花序のすぐ下の葉で本当の花は目立たないそうです。可憐な感じがいいですよね。
下の写真はトレニア。トレニアという名前はスウェーデンの牧師トレーンの名前にちなんでつけれらたそうでスミレに似たユニークな形の花をしています。

6月12日(木) 観葉植物の植え替え作業

植物の植え替えに適した時期なので根が大きくなりすぎたトックリランと君子蘭を大きいプランターへの引っ越しをしました。
【トックリラン】
メキシコ南東部原産で幹の下部が膨れて徳利のような形になるのでその名前がついたそうです。
(幹の先から細い葉が多くでる様子から別名ポニーテールと 呼ばれることもあります)
【君子蘭】
ヒガンバナ科の植物で3〜4月にオレンジ色の花を咲かせ、 葉も厚く艶のある濃緑色で観葉植物として楽しめます。
どちらも名前に"ラン"とつきますが蘭ではないそうです。 まずはトックリランの引っ越しです。


鉢から取り出そうとしてもなかなか取れません。こんなに根でいっぱいになっていました。


不要な土や根を落とします。 プランターに軽石を敷いてから


ふかふかな土を流し込み、トックリランを入れてあげます。


いい感じに収まりました。窓際のトックリランで応接室がすてきな空間を作ります。


次は君子蘭です。根がプランターの上まであがってきていました。


ムックのようです。


君子蘭の引っ越し完成!

6月16日(月)

設置してから1ヶ月経過しました。
伸びてはいますが、スカスカ感は否めません。
昨年と同じ道を辿るのでしょうか…。


左からスズメウリ るこう草(星形の赤い花が咲きました)ひょうたん(後列)と風船かずら(前列)


西洋あさがお(去年の土に植えたためかなかなか成長しません)・風船かずら(種から植えたもの)・ゴーヤ


西洋あさがお(作成)・パッションフルーツ・インディアンポテト

6月25日(水)

スズメウリ・るこう草はいまだにスカスカしていますが
インディアンポテトとパッションフルーツはフサフサしてきました。


左からスズメウリ るこう草(星形の赤い花が咲きました)ひょうたん(後列)と風船かずら(前列)


ゴーヤ(可愛い黄色の花をつけています)


西洋あさがお・パッションフルーツ(葉っぱが青々して艶があります)


風船かずら(昨年のグリーンカーテンで出来た種から植えたもの)インディアンポテト

7月9日(水)

左写真:スズメウリは葉が黄色くなっています。
    るこう草は横に広がるように1階まで到達したら上の部分を社長が切っています。
中写真:ゴーヤも葉が黄色くて元気がありません。園芸専門店のエデンさんに相談中。
右写真:インディアンポテトは横と上に伸び元気がとてもよく、パッションフルーツも良い葉が育っています。


7月15日(火)

なんてことでしょう。
大雨の影響なのでしょうか、先週から成長していないように見受けられます。
先週、園芸専門店のエデンさんに相談したところ、もう少し様子を見てくださいとのことでした。(>Д<)


特に沖縄スズメウリの葉は先週よりも少なくなっているように見えるのは気のせいでしょうか…。
右の写真はゴーヤですが、実がなるのか不安がよぎります。


西洋あさがおは紫と白の花をつけましたが、昨年と比べて葉の数が少ないようです。
右の写真:インディアンポテトとパッションフルーツは元気に成長しているようです。


風船かずらの小さい花が咲きました。真ん中はインディアンポテト右はパッションフルーツの葉っぱです。

7月25日(金)

前回から10日経過。
いかがでしょうか…
伸びてはいるもののスカスカな感じは相変わらずです。


引きで全体写真を撮影。
窓をグリーンカーテンで覆い尽くすと思っていたのに緑の線が細く見える結果となっています。
来年はインディアンポテトとパッションフルーツだけにすればその夢は叶うかしら?


7月30日(水)

一つゴーヤの実がなりました!
これからの実りを期待。
朝と夕方の水やり頑張ってるのになぁ。


8月の緑化活動*本館*

ローズゼラニウム
コルディリネ

5月に植えた虫よけ用ローズゼラニウムが成長しました。
ゼラニウムのおかげか今年は虫もあまりでていないようです。
コルディリネは派手な中にも落ち着いた色の大人っぽい観葉植物です。葉の色がこのような赤いものはあまり見かけませんよね。
ハワイでは「ティ」と呼ばれてレイやフラのスカートやラウラウ(タロイモやティの葉で豚肉を包んで蒸し焼きにしたもの)などの料理にも用いられるそうです。

8月の緑化活動*南館*

ゴシキドクダミ
ヤブラン
チェリーセージ

斑入りどくだみは「ゴシキドクダミ」とも呼ばれ、園芸用に品種改良されたもので、ピンクの斑と緑色の葉とのコントラストが美しいです。白い花を咲かせたらもっと見応えがありそうです。
細長い葉の中にラベンダーのような穂状の花を咲かせるヤブランは名前に示すとおり樹木の下などの薄暗いヤブ(藪)に自生しているそうです。
大きなプランターから咲き開いている姿はとても華やかです。
チェリーのような花を咲かせるチェリーセージはハーブの一種で葉の香りが虫をよせつけない効果があるそうです。また、フルーツの香りがハーブティーやポプリに利用できます。

8月19日(火)

お盆も過ぎました…。
左のスカスカのるこう草。真ん中のゴーヤはまだいいとして右のあさがお朝顔は悲惨です。何でなのー(>Д<)


インディアンポテトとパッションフルーツはだいぶ密度が高くなってきました。
インディアンポテトの花が咲き、ポテトらしきものができました。
新しい発見があるととても嬉しいのです。


8月20日(水)

翌日、パッションフルーツの実を見つけました!


8月26日(火)

休みが明けて出社してくると窓際の緑が増えているのに気が付きました。
今日はあいにくの雨模様でしたが思わずオフィスの中から撮影。
窓を覆ってきたのは沖縄すずめうりです。癒されます。
中央エリアのるこう草は上部に赤い花がきれいに咲きますが今年はうまく育てることができなかったようです。
右側写真のゴーヤは1週間前と比べて格段に葉が多くなりました。


あさがおは相変わらずですが、上の方に色とりどりの花を咲かせて楽しませてくれます。
インディアンポテトとパッションフルーツは順調に育ち、インディアンポテトのグロテスクな花が満開です。


ここらへんでもう一度グリーンカーテンのレイアウトとあわせて状況確認。

植え込み行程
現時点でグリーンカーテンとしてうまく育てることができなかった植物
第1エリアの*るこう草*
るこう草はうまく育つと茎と葉が緑色でそこに赤い花がはえてとても美しいようですがうまく育たず残念。
第3エリアの*西洋あさがお*
7月時点では葉もついていましたが徐々に葉が抜けていきました。原因は水分不足?

9月の緑化活動*本館*


玄関先のランドマークであるヤマボウシにカイガラムシがついたため一部の葉が枯れてしまいました。
そのため害虫駆除を造園農家にお願いしました。
この木は冬にはイルミネーションで当社に彩りを添える大切な役割を担っています。
毎年、取り付ける社員がバランスを見ながら枝をカットしているのですが今年はこの造園農家さんがその時期に来てサービスで剪定してくださるということでプロの仕事がどういうものか楽しみです。

9月の緑化活動*本館*

ケイトウ・ビクトリア・ビオラ
マリーゴールド

玄関ポーチのプランターに新たに秋の花を植えました。
黄色・オレンジ・赤の色とりどりの小さなケイトウがとてもかわいらしいです。
キク科の八重咲きアスタービクトリアはクールなアイスブルーの色できめています。
黄色と紫のコントラストがかわいいビオラはパンジーの小さい版。
ビオラとパンジーの違いは見た目が豪華なのがパンジー、かわいらしいのがビオラという主観的な定義のようです。
真ん中と右の画像はマリーゴールド。意味は「聖母マリアの黄金の花」だそうです。ビオラとマリーゴールドなど秋の花を切り花として室内でも楽しんでいます。

9月の緑化活動*南館*

エクセレントマムピコ
ペンタス
マーガレット

今回植えたエクセレントマムピコは黄色ですが、ピコはいろいろな色があり選ぶのに迷ってしまします。
真ん中のけなげに咲いている白色の花はペンタス。
ペンタスの名前は花びらが星形に5つにさけているところからペンタの"5"という意味が由来だそうです。
斑入りどくだみの白い花の中に4輪の黄色いマーガレットが咲きかわいらしさを演出しています。

9月2日(火)

9月に入ってからさらに緑が多くなってきました。
特にゴーヤがここにきて成長が著しく、グリーンカーテンを始めてから葉の密集度はベストワンかも。(写真中央)
また、それぞれの花もきれいに咲いています。



9月9日(火)

沖縄すずめうりの実が緑から赤く熟し可愛い実となりました。
引きで写真をとると7月に撮影したものと比べて窓が緑に覆われているのがわかります。


9月17日(水)

今回はグリーンカーテンの実と花をピックアップ!
ゴーヤも大きくなり、いくつか社員で持ち帰り料理をしました。(料理の模様については後日公開します)
真ん中のゴーヤはまだ花がついています。
ゴーヤの花の下の部分から実が徐々に膨らんでいきます。
右は風船カズラの実です。ぷくんとした可愛い実がたくさんついてきました。


グリーンカーテンがまだスカスカしていたことを気にかけた社員がサンパラソルを植え白い花を咲かせました。
真ん中はるこう草の赤い花。右はひょうたんの花。 残念ながらひょうたんの実はなりませんでした。
受粉が必要だったようです。


西洋あさがおの3種が咲きそろいました。
あさがおの模様や色が違うとまた楽しめます。


9月20日(土) 駐車場白線引き

2011年に社員総出で塗った駐車場の白線が鉄分を含んでいる融雪の水でオレンジ色に
くすんでしまいましたので今回は業者の方に作業をお願いしました。
2011年の模様はこちら→白線引き作業の様子
自転車置き場のマークは既製品のシールがあるそうで手慣れた様子ではっていき、
白線用のドライヤー?で乾かしていきました。


次は本館から南館(スクール)に続く止まれに取り掛かりました。
やはり、ちまちま刷毛で塗るのとプロの作業はケタが違います。
プロ仕様の機械で白い塗料がみるみる塗られていきます。


白線をひく機械なんて滅多にみることはできませんのでズームでパチリ。
曲線の部分はしっかりとマスキングします。


手慣れた様子で止まれが出来上がっていきました。
止まれの完成です。
スクールの駐車場に設置しています身障者用のマークもきれいになりました。


駐車場全体もきれいになりました。
この写真は本館の駐車場。
この写真では見えませんが奥の道路の後ろにある社員の駐車場と南館の駐車場3ヶ所全てが
美しく生まれ変わりました。
これで駐車するときに迷うことがなくなりました。


11月28日(金) イルミネーションの取り付け

今年もイルミネーションの季節がやってまいりました。
毎年恒例、今年入社した社員がつけ方を伝授してもらい、悪戦苦闘しながら取り付けていきます。
今年は男子Sさんと女性SさんでSSコンビです。
初の女性が参戦。
高所恐怖症という彼女ですが、つなぎを着てやる気は十分伝わってきます。
いざ、取り掛かろうとしたところいくつかの電球が付かなくなっていることが判明。


急きょ、新しいイルミネーションを購入することに。
最近の主流は白や青ですが、やはりこれまでの温かみのあるナチュラルな色にすることにしました。
1本10mのもので112球ついているものを8本購入。1本4300円
アダプター付コントローラー2本
3分配器・5分配器をそれぞれ1台ずつ。


先日、業者の方からこのヤマボウシの枝をきれいに剪定していただいたため、
例年よりは取り付けやすくなっているとはいえ、
初めて取り掛かる2人にとっては試行錯誤の作業となりました。


日頃、鍛えている腹筋を駆使し、脚立の一番上でプルプルしながら
高枝の先端にイルミネーションを取り付けている姿に心の中で『Sくんガンバ』とつぶやいたのでした。


女性社員のSさんも高所恐怖症を乗り越え、脚立での作業も板についてきました。
アダプターや分配器の配線も女性ならではのきめ細やかさできれいに取り付けすることができました。


ほぼ1日かけてようやく完成させました。
とてもバランスよく美しい仕上がりとなりました。
初めての取り付けとは思えません。
新しいアダプター付コントローラーには8種類の点滅パターンがあります。
@2-8のパターンを繰り返す
A全・点灯
B波をイメージ
C1個ずつ添付
Dゆっくり点灯・消灯をする
E追い駆けてフラッシュ
F全球がゆっくりと点灯・消灯
Gキラキラとフラッシュ
てな具合で、いろいろと楽しめそうです。
来社されるお客様やスクールに通われてくる生徒さんにも毎年好評ですので
今年はパターンを変えてさらに喜んでいただこうと思っています。