HOME 経緯 環境活動

 

   環境理念

エースグループは、環境の変化・時代の流れを敏感に感じ取り、その時代に合ったサービスを提供し、
『変り続ける』を社是としています。

当グループは、環境への影響・保全に配慮した業務を行い、またサービスを提供しつづけ、お客様に喜んで頂き、さらに地域社会に貢献します。

   環境方針

  1. 事業活動、商品、サービスについての環境影響評価に基づき、環境目的・目標を定め、継続的な改善を図ります。
  2. 事業活動で省エネルギー、省資源、リサイクル品の購入に取り組み、汚染の予防に努めます。
  3. 環境に配慮した、ソフトウェアの開発に努めます。
  4. 職場環境を随時整備し、人に優しい職場や教育環境を提供します。
  5. 環境に関する法規制及び、その他の要求事項を遵守します。
  6. 社員の環境教育を徹底し、環境保全意識の向上に努めます。
  7. 社外への公開方法として当グループホームページに環境方針を公開します。

制定2006年4月1日
改訂2006年8月17日

代表取締役 仲納林浩蔵

 
ISO基礎知識

【ISO (国際標準化機構 International Organization for Standardization)】
ISO14001とは

  • 企業活動によって発生する環境への負荷を減らし、地球に優しい企業であることを実証するための、世界共通の規格として作られたものです。
  • 将来にわたって持続するシステムであることが求められているため、一時しのぎではなく持続的に改善していくことが要求されています。
ISOとは

規格の国際標準化へ向けて、取組みを行っている民間の団体です。
本部は、スイスのジュネーブにあります。 英文名称の頭文字の略称を見ると「IOS」になっています。
「IOS」ではなく「ISO」という名称が生まれたのは「ISOS」からきており、ギリシャ語で「平等」を意味するという言葉が起源となっています。 1947年に設立。

≫ISOマネジメントシステムの代表的な種類
  ISO9000シリーズ

一定の水準の製品を作り出す能力があるかを判定。
ISO9001:品質マネジメントシステム『QMS』
・企業内での品質保障する管理を適切に進めるために、必要な体制や手順等仕組みについて規定したもの。

  ISO27001シリーズ

企業の情報セキュリティを管理しているかを判定
ISO27001:情報セキュリティマネジメントシステム『ISMS』
・企業内での情報保護する管理を適切に進めるために、必要な体制や手順等仕組みについて規定したもの

  ISO14000シリーズ

環境に配慮した活動を行っているかを判定。
ISO14001:環境マネジメントシステム『EMS』
・企業内での環境保全する管理を適切に進めるために、必要な体制や手順等仕組みについて規定したもの。