HOME  環境方針 経緯 2006年度活動 2007年度活動 2008年度活動 2009年度活動 2010年度活動 2011年度活動 2012年度活動 2013年度活動 2014年度活動 2015年度活動 2016年度活動

 

 

 

エースグループでは社内だけにはとどまらず、環境負荷削減活動を日ごろから行っています。
ちょっとしたことですが、 環境に優しい行動をみんながとることによってそれが大きな効果へとつながります。
なかには、なるほどなぁと思うことがあるのでは? そのエコ活動、始めてみませんか?楽しくみんなで実践しましょう!

はそのエコ活動項目に対しての実践人数です。今後はますます増えていきます!

Reduceリデュース…減らす(なるべく使わないようにする)・省ゴミ
生ゴミを庭に埋める。
食材調理の際、生ゴミを出さないよう工夫する。
マイ箸持ち歩く。
レジ袋は出来る限りもらわない。
ペットボトルの飲み物は極力使わずに缶、紙パックのものを選ぶ。
空き缶・ペットボトルをつぶす。(ゴミの量を圧縮)
極力ものを買わない。
 
洗剤やシャンプーは詰め替えのものを購入する
 

Reuse…再利用(加工しないで何度も使う)リユース
カレンダー・広告チラシをメモに使う。
レシートの裏紙を買い物のメモとして使う。
家に届くDMの裏紙を家庭でパソコン用紙として使う。
エコバックを持参。
使わなくなったカバンをエコバッグとして使用。
買い物はフリーマーケットやリサイクルショップを利用する。
ペットボトルの再利用。(マイ水筒として使用)
 
レジ袋やエコバックを持参。
 

Recycle…再生利用(形を変えて再利用する)リサイクル
生ゴミを分別して、畑の堆肥として使用。
ペットボトルの回収。
牛乳パックの回収。
発砲スチロールトレイ回収。
風呂の水を洗濯に使う。
新聞紙、雑誌のほか、調味料やお菓子のパッケージでリサイクルマークのついているものも資源ごみの日にだすようにしている。
雨水をため、植物の水やりに使う。
 
風呂の水をトイレや洗濯に使う。
 

着れなくなった服を雑巾やポーチ・バッグなどにリサイクル

 
アルカリイオン水機で分解した飲料水以外にでる不要の残りの水をお風呂に入れて沸かす。
 
廃油EM石鹸を使う。廃油を再利用し、「EM菌」という微生物を添加した手作り石鹸を使っています。。髪も顔もこれで洗います。細かいことはよくわからないのですが、この石鹸を使用すると排水もきれいな状態で流せるということで愛用しています。
 

省エネ
寝るときクーラーはつけない。(氷まくら使用など工夫)
クーラー暖房を控える。
自転車通勤。
近所の買い物は車を使用しない。
飲料用のお湯は必要な分だけその分沸かし、あまらせたりしない。

極力水の無駄遣いはしない。歯磨きや洗髪のとき、水の流しっぱなしに気をつける。

私用で車を使う場合は、必ず小さい方の車で移動する。
冬は厚着、夏はパンツ一丁ですごす。
可能な限り自動車に乗らず自転車に乗る。
 
シャワーを使うときに、水をMAXにしない。
 
使用しないときは電化製品のコンセントを抜いておく。(主電源を切る)
 
冷房は28℃以上に設定する。(出来るだけ使わない)
冷蔵庫を開けっ放しにしない。
 
洗濯物はまとめて洗い水と電気の節約をする。
 
ハンカチを携帯し、できるだけペーパータオルやエアー乾燥機を使用しない。
 
食器を洗う前に皿についているものを着なくなった服など布を切っておいたもので拭き、少量の水で洗うように心がけている。
 
調理器具は余熱で調理できる器具を使ったり、圧力なべを使って調理する。
 
風の流れを考えて窓を開けたり扇風機を使う。なるべくエアコンを使わない。
 
暑いときは水浴び。
 
月数回ランプの明かりだけで生活する。
 
週一回ノーテレビデーを設ける。
 

白熱灯から蛍光灯に順次切り替えていく。

 
炊飯器は炊き上がったら電源を切る。
家の中でエアコンをつけるときは一箇所とする。
 
不要な電気はこまめに消し、コンセントは元から抜く。就寝前には主電源を必ず落とす。
 

同時に何か洗う時は洗い桶と泡立てネットを使い、使用する水の量を減らす。

 
車のタイヤ交換時にエコタイヤを購入(燃費向上)

その他
家庭菜園
部屋の中にも植物をたくさん増やし、枯らさないように育てる。
日の当たる窓にツル性植物のアサガオを植え、窓を覆い日差しを遮り室内上昇を和らげる。(癒しにもなり一石二鳥)
収納ボックスをゴミ箱として活用し、細かくゴミの分別をし、キッチンもすっきり。(もちろん、古紙も)
新聞紙、雑誌のほか、調味料やお菓子のパッケージでリサイクルマークのついているものも資源ごみの日にだすようにしている。
生ゴミを庭に埋める。
油は固めて捨てる。
 
紙を廃品回収に出すときにも分別を細かくして(針でとめてある雑誌とそうでないもの)、紙紐で縛ってだす。